byOSO001

2004、ベルギー&フランス旅行メモ。その⑧(パリ、個別行動の日)

2004、ベルギー&フランス旅行メモ。その⑧

 <ルーブル美術館 Louvre>


※料金等は2004年3月の旅行時点のものです、現在は変わっていることもあります※
※通貨単位はユーロです※


※枠で囲ってある部分がメモです※
※メモはもともと書いてあったそのまま書いてあるので、ワケのわからない部分もありますが、ご容赦を・・・※




【MEMO】
3月24日(水) 朝からルーブル 紅茶、クロワッサン..5.0 カプチーノ(休憩)5.0 ルーブル・本..15.0 チャーハン..7.8 ピカソ・本..12.5 メトロ..1.3 メトロ..1.3 スーパー..2.19 パン、水..6.2


この日はそれぞれ自由行動の日としました。
海外に不慣れな姉妹と別行動するのは心配だったけど、二人ともれっきとした大人、それに趣味や考え方、
好みも違うのだから、1日くらいそれぞれが思う行動をしてもいいんじゃない?って思ったのよ。
(ちゃんと、メトロの事や注意した方がいい事は言って行ったわよ~)

それぞれ海外は初めてと3回目だったけど、姉は中国でも一人で郊外へ行ってた事もあったし、大丈夫でしょ。
女は度胸よ~~~




、って事でワタシが行ったのはまずルーブル。
混むのは解ってたから朝イチ行動よっ!

姉妹がまだ起きたばかりくらいの時間にGO。
ルーブル近くのスタンドで朝ごはん、これが紅茶とクロワッサン。



館内の配置図は前もってGETしておき、ゆうべのうちに見たい物の場所はチェック済みよ。



朝イチの甲斐あって、館内はまだ人もまばら、、、最初に行った所は『ニケ』様の御許!

                        お、お美しい・・・。



この後は『モナ・リサ』を始め、ダッシュで見たいものをまず一巡。
その後でもう1回ゆっくり見るって算段です。
(だって、人気のある物は特に黒山の人だかりで、ノンキにしてたら絵の前を「はいはいとまらないでー」ってな感じで通りすぎるだけになっちゃうのよー)

途中、休憩(カプチーノ5.0ユーロ)を挟みながら、ゆっくり鑑賞しました。



こういうのって、一人で行動するほうがやり易いでしょ~。
、、、ってか、人を巻き込み難いやり方か???



そして、ここでもルーブルの本(15.0ユーロ)を購入。
帰りの荷物がどんどん重くなってゆく。。。


ルーブル鑑賞の後は昼食。
来る時に途中の道で見たラーメン屋さんへ。
何でパリでラーメンやねん?って思わないで~、何かパンばっかり食べてたら『ごはん』が食べたくなったの
で、ラーメン屋さんにはチャーハンがあります~って事でラーメン屋さんなのです。






次に向かった先はピカソ美術館。
場所はここです。


メトロがあるからどこへ行くのも便利です。


ここはパリ~~~のど真ん中からちょびっと離れてるので、少し街の感じが違って、それがまた良いです。

美術館の建物も由緒ある建物を改装した物だから素敵です。
ここはかなり気に入りました。

そして、もはやお約束、本を購入。



さらに、さらにこんな物も購入。



額に入った絵、、、ってアンタ、重いやろー。
(だって、気に入ったんだもん)



重い本2冊に額入りの絵まで抱えて、姉妹との待ち合わせ場所へ。
待ち合わせはわかり易くルーブルで。

落ち合った後は夕方からのパリの街を散歩。

パリ、シャンゼリゼ散歩

ルーブルから凱旋門まで、シャンゼリゼを歩き、スーパーなどでその日の夕食を購入して、ホテルへ戻りました。







関連記事
OSO001
Posted byOSO001