byOSO001

2004、ベルギー&フランス旅行メモLast Page(ヴェルサイユ、モンマルトル)

2004、ベルギー&フランス旅行メモ。その⑩

<モンマルトル Montmartre>


※料金等は2004年3月の旅行時点のものです、現在は変わっていることもあります※
※通貨単位はユーロです※


※枠で囲ってある部分がメモです※
※メモはもともと書いてあったそのまま書いてあるので、ワケのわからない部分もありますが、ご容赦を・・・※




【MEMO】
3月25日(木) モビリス@8.75 パン、水..2.30 コーヒー..2.30 本..2.0 昼食..10.0 ココア..5.0 缶..12.0 夕食..22.0



最終日はちょっと郊外になるヴェルサイユへ行きました。
なので、この日は1日使える『モビリス』を購入。

こんなケースに切符が入っていて、何度でも改札を通れる、ってモノ。




ヴェルサイユ宮は駅からちょっとばかり歩きますが、しばらくすると入口が見えてきます。
見学にはガイド付き、ガイドテープの貸し出し、見学箇所によって何種類かコースがあるので、
時間などによって決めると良いでしょう。
庭園やグラン・トリアノン、プチ・トリアノンは自由見学で歩いても行けますが、
何せ広いので、ミニトラムなども走っているので、そういうのを利用してもいいかも。



まぁ、それにしても広いわ。


でも、想像してたよりはキンキラキンじゃなかったのよ(個人的意見)
『王宮~~~』って感じならワルシャワの王宮の方が派手で豪奢かも・・・(あくまで個人的に)



ここのお土産屋さんで、何故か料理の本を購入。
ヴェルサイユで何で?わかりません、安かったのと写真がきれいだったからかも~
こんなんです。(2ユーロ)


ちなみにこの本を見て一度も料理しておりません。。。


昼食はヴェルサイユから駅へ行く途中の店で食べました。(10.0ユーロ)
写真撮ってないのよ、、、でもけっこう美味しくてボリュームもあって満足したわ



パリに戻ってから行ったのはモンマルトル。
19世紀頃から市内を離れた芸術家たちが集まり始め、モンパルナスに対抗するような芸術家の町になっていったのだそうな。

ここは丘の上になっているので、見晴らしはいいですよー。



丘の上にはサクレ・クール寺院などもあって、ここは中もなかなか綺麗ですよ。
                     
モンマルトル(地域)自体は、観光名所になってしまっていて、芸術家の町ってよりは今は観光用の似顔絵描きの広場?
って感じ。
でもそのおかげで(?)周りにはかわいいお店やカフェ、レストランなんかもいっぱいあります。

ココア(5ユーロ)はモンマルトルのカフェで。。。



モンマルトルの記事はこちら。

モンマルトル

この日の夕食の記事もこちら。







2004年のベルギー・フランスのメモはここで終わり。
翌日は帰国の途についております




<ヴェルサイユ、プチ・トリアノン>



関連記事
OSO001
Posted byOSO001