byOSO001

ラスベガスでカジノ・・・(初めての海外旅行-6)

初めての海外、アメリカ西海岸⑥

※19○○年、サンフランシスコ、ラスベガス、LA(アナハイム)の旅行です※

※何年前で何歳の時、とか追求してはいけません( ̄▽ ̄;)※

※古すぎて細かいデータは残ってません、あしからず・・・※





嬉し恥ずかし、生まれて初めての海外旅行でございます~。





ケーブルカーで遊んだ(?)後は、ラスベガスへ移動です。

ラスベガス(ネバダ)って砂漠の中の人工の街だったんですねー、初めて知りました~。
(だから、少しは予習して行けってば…)


ラスベガスって今はでっかいホテルが林立して、テーマ(パーク)ホテルみたいなのもあって、大人がカジノしてる間に子供は遊園地、奥様方はショッピング~、なんて一大歓楽地になってるけど、この時はまだ、昔からのカジノホテルがあるダウンタウンから延びるストリップ地区に新しい観光客向けの高級カジノホテルが建ち、今みたいなカジノ&テーマパークホテルが建ち始めるちょうど間くらいの時期でした。


そんな中、宿泊したのはフラミンゴ・ヒルトン、当時はかなり豪華な方でした。
(今は古びて他のホテルと比べると、めっちゃ見劣りするけどね)


部屋はこんな感じ。
ラスベガスのホテルは値段は他に比べると割安でいい所に泊まれていいですねー。

カジノ収益のおかげで御座います


部屋の窓から見えるのは向かいのシーザーズ・パレス・ホテル。



こちらのホテルは(この頃では)最高級、『レインマン』はじめ映画なんかにも出てくる有名ホテルですねー。

シーザーズ・パレスの入口付近。




ここラスベガスでは、同じ年くらいの同じような姉妹と一緒になりました。
すごくおとなしい姉妹だったので、ほとんど挨拶するくらいでしたが。。。



夕食は(けったいな)ショーを見ながらの物でしたが(うーん、豪華ディナーショーと言うのだろうか???)赤や紫のライトのおかげで、不味い料理が更に不味そうに見えます。

普通、サラダといえばこういう感じの物を思いうかべますよねぇ。
出てきたものは、半分にぶった切っただけのレタス

付け合せのポテトは大人の男の人のゲンコツくらいありそうな皮の硬い焼いただけのイモ!

そしてメインはでっかいだけの草鞋のような噛み切れないステーキ

マズさのあまり、ほとんど食べず、まともに平らげたのは何の飾りも無いアイスクリームだけだった。。。

もう一組の姉妹も食事にはげんなりの様子。




それでもまぁ、成り行きとはいえラスベガスに来たのですからカジノを体験してみよう。

実はカジノに年齢制限があることも知りませんでした。
つまり、アメリカにおける未成年(21歳未満)はカジノでは遊べない、という事です。


しかし、荷造りでムダにいっぱい入れてきた服 がここで役に立ちました。
ディナーショーだというので、頑張ったワンピースにハイヒールを履いて、メイクもきっちりしていたためか、
ID提示を求められて咎められる事もなく普通にカジノをうろつけたのでした

一方、もう一組の姉妹は、ラフな服装だったのでID提示を言われ、可哀想にも「ダメ!」と言われてしまったのでした。

ただでも日本人は若く見えるからねぇ。
それにしても、ワケも分からずもってきた服が役に立つとは思わなかったわぁ。




ま、ド素人だから、おとなしくスロットやって雰囲気を楽しんでただけなんですけどね~

そうそう、カジノでサービスしてる飲み物もタダとは知らず、ドキドキしてしまったわぁ。
チップ渡すだけでいいのね、あれって。




関連記事
OSO001
Posted byOSO001