byOSO001

初めての海外旅行、最終日。最後までトラブルってあるものねぇ…。

初めての海外、アメリカ西海岸⑩-2

※19○○年、サンフランシスコ、ラスベガス、LA(アナハイム)の旅行です※

※何年前で何歳の時、とか追求してはいけません( ̄▽ ̄;)※

※古すぎて細かいデータは残ってません、あしからず・・・※





嬉し恥ずかし、生まれて初めての海外旅行でございます~。





…つづき。




ホテルで暑い日中を昼寝で過ごして、再びパークへ向かいます。

この日の昼のパレードはすでに終わっている模様。。。
まぁ、明日があるさ。




初めてってのと、パークの内容を知らないので、周るのがどんくさく、結局は2日かけて大体全部周れました。

だから、これは2日目に見ることができたパレード。
(ディズニーランドを良く知ってる人なら、いつのパレードかわかっちゃうかもねー)



エレクトリカル・パレードも見たけど、写真の写りが良くないので割愛。





それにしても、アメリカのディズニーランドって遅くまでやってるのねぇ。
閉園時間聞いたら、『12:00』って言うじゃない!
ほぅ、さすが本場は違うねぇ、、、などと感心しつつ、ホテルへ戻るシャトルバスの最終の時間も聞いて確認。
『1:00』(25:00)だそうな。
なるほど、閉園が12:00だから最終バスは1:00なのねぇ。



そうなると、普通は閉園まで居るわよねー、当然。
12:00まで遊んで(夜のほうが涼しいし)駐車場のホテルのシャトルバスの乗り場へ向かう。

ん?バスがいない?
そうか、まだ来てないのね。

しかし、待てど暮らせどバスは来ない。
変だな???





段々不安になってくるし、どうしよう…と妹と顔を見合わせる。
ホテルは近い、パーキングからだって見えている。

しかし、アメリカの国土は広く、目で見えている以上に距離があるのは自明の理。
それに、いくらアナハイムだからって、この時間に歩いて帰るほど無用心な事はできるはずもない…。



とほほ、どうしよう…とバス乗り場で途方に暮れていると、他のホテルのバスの運ちゃんが声を掛けてきた。
「ヒルトン行きのバスはもう終わったよ、こっちのバスに乗せてあげる。」

地獄に仏とはこの事か~~~???

どうやらヒルトンの隣のホテルのシャトルバスらしい。(かっこいい兄ちゃんありがとう~)

もう、誘拐とかぼったくりとか何も考えず、乗りましたよ、そのバスに
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
無事に帰れましたとさ。。。

それにしてもヒルトンのシャトルバスの嘘つき~
どうなる事かと思ったじゃないのさ!





皆様も何事も確認の上、確認を重ねてくださいね…




それでも、初めての海外、何事もなく楽しく過ごし(変な事もあったけど)、無事に終わりました。





でも、やっぱり自分には『ツアー』という物は合っていないのだ、と強く自覚。
2回目からはツアーを利用する事はなくなりました。
(友人に誘われた時は全てフリーのツアーである事を条件に数回参加しましたが)

でも、海外への気持ちは萎える事なく膨らむ一方で現在まで、「行けるとこまで行こう!」の気持ちで続いております~。
最初に1回行って、「二度と行かない!」派と、そこからハマってどんどん行っちゃう派に分かれるんだってね。
もちろん、後者の方なんですが。。。



、って事で、これからもまだまだ行きます~。



自分土産に買った、パークのパンフレット。



関連記事
OSO001
Posted byOSO001