byOSO001

グァテマラへ国際電話。。。

GUATEMALAへの道

あ、焦った。。。

さっき、グァテマラ・シティー⇔フローレス間のTACA航空のリコンファームの電話をしたの…。

最初、TACAのサイトに乗ってる日本事務所の番号に掛けたら「この番号は現在使われておりません…」だって。

えーーー、そんなぁ…。


仕方なく、TACAのチケットを日本で売っている代理店に電話。
もしかしたら、リコンファームしてくれるかも…と、一縷の望みを賭けて!


オペレーター:どちらの区間のご利用ですか?

ワタシ:グァテマラ・シティとフローレスです。

オペレーター:あ、それならグァテマラオフィスの電話番号をお教えしますね。

ワタシ:え????? あ、はい、お願いします。

メモメモメモ・・・。



えーっと、これは、グァテに掛けろって意味ですか???

えーん



国際電話なんて何年も掛けてないよ。(会社ではIP電話だから普通の電話みたいに掛けてたから)
KDDIのサイトで掛け方を調べて、、、

ド、、、ドキドキドキ。。。

おぉ、そういえば英語も久しぶりじゃぁ~~~(汗、汗、汗)
最近、英語圏行ってなかったし…。


面と向かってしゃべる分には身振り手振りもあるから、そんなに緊張しないけど、電話は別。
顔が見えない、音だけだから、ぐずぐずしてたら「何じゃ?コイツ?」と、思われかねない。

えーいぃ、女は度胸よっ!



ツー、ツー、ツー、、、
ベラベラベラベラ…(スペイン語)
おぉっとー、スペイン語攻撃か、予想外やぁ。

ん?でも、よく聞いてみると録音テープの声。
なんだ、繋ぐからちょっと待て、って言ってるだけやん、脅かさないでよ!
(誰も脅かしてなどいない!)


少しして、沈黙。
???
ハロー?ハロー?

ちょっと電話遠い?

ハロー?ハロー?

あ、やっと聞こえた。

と、とりあえず、


ワタシ:TACAのグァテマラオフィスですか?

オペレーター:ハイ、そうですよ。

ワタシ:あの、フライトのリコンファームしたいんですけど…。

オペレーター:はい、どうぞー。どこからどこまで、いつのフライトで、ラスト・ネームは?それから、、、、、

ワタシ:ちょ、ちょっと待って、早いっ、あの、予約番号言えばいいですか?

オペレーター:いいですよ、どうぞ。

ワタシ:○○○○○で、何月何日、グァテマラ・シティーからフローレス、ラストネームは…です。

オペレーター:はい、・・・・・・・ですね、時間は○○発、○○着。

ワタシ:それで、リターンは・・・・・・・です。

オペレーター:はい、・・・・・・・ですね、時間は○○発、○○着、OKです。
それから、荷物の持ち込みはベラベラベラ、、、チェックインはベラベラベラ、、、それから、それから、、、

ワタシ:(もう、いいって…)あの、、、フライトはOKですよね?

オペレーター:ハイ、OKですよー。

ワタシ:そうですか、ありがとう、Gracias!(もう、いいよ~)

オペレーター:Adios!お待ちしてます、何たらかんたら…。

やっと、電話切ってくれたよ…。
ラテンの人、話好き???
事務的にやってくれる方が楽なんやけど。。。


あ~電話はやっぱり、顔が見えない分、ムダに緊張するわぁ(別に緊張する必要はないのだが)


TACA航空、リコンファームは要らないけど、みんなが声を揃えて「やっといた方がいい!」というので、とりあえず、やりました。
これで安心、なのかな?
ラテンのお国は、まだまだこのくらいで安心してはいけないのかも…しれないが。。。
関連記事
OSO001
Posted byOSO001