byOSO001

LAXからはコンチネンタルへ乗り継ぎ。。。

GUATEMALA、出発編、Continental Airlines

【 7月19日(土) 】

JALで台北まで飛んで、台北からLAX(ロサンジェルス)まではエバー航空です。
LAX~IAH(ヒューストン)~GUA(グァテマラ・シティ)まではコンチネンタル航空です。


LAXからはコンチネンタル航空で、グァテまでのルートを繋ぎます。

ちなみにコンチネンタルのマイルはエバーに加算できます。



やっとこさの事でアメリカ大陸までやってきました。

LAXの空港ターミナルは大まかに2つに分かれていて、到着する『トム・ブラッドレー』には、極東やオセアニアなどから来た(アメリカが見下していると思われる国々の)エアが発着しています。(←偏見?、だってTBターミナル、ボロいんだもん…)

そして、米系の飛行機に乗り換えるためにはターミナル1~8のある方へ移動しなければなりません。

位置関係はこんな風になってます↓↓↓


ターミナル間はシャトルバスが出ています。
さて、LAXへ到着した飛行機は『沖止め』

小さい空港ならタラップで乗り降りもかわいいんですが、
バカでかい空港での沖止めは何かバカにされてるように感じるのは私だけでしょうか???

そして、イミグレ&荷物のピックアップへと向かうのですが
LAX、、、久しぶりだが、相変わらず愚図だね、イミグレ。。。

ちったぁ、日本のOLさんにでも事務の手際を習ってくればーーー???
、、、って言いたくなります。

結局2時間ほどもかかってやっと入国。
(あ、日本人ツーリストは緑の入国カードをもらってくださいねー)
混んでて乗り継ぎが危うそうな時は、その辺にいる係員にアピールしてね~、遠慮しておとなしく並んでたら、
乗り遅れちゃうわよ。

だいたい、トランジットだけなのに、いちいち入国しないといけないなんて~ムダだわ。
しかもちゃんと、顔写真と指紋も取られたわ、、、こんなオバハン、何も悪い事しないわよっ!


シャトルでターミナル6(コンチのターミナル)へ移動。
チェックインは台北の空港の窓口でエバーのチェックインと一緒にボーディング・パスを貰い済み。
(ここの窓口の小姐、時差が良くわからなくて何度もアメリカに1泊するのか、
どこに(住所)滞在するのか確認されたわ…、可愛かったけど)


あらかじめ、念のため(自分達で)ミニマム・コネクティングを3時間に設定してたけど、正解!
(通常は120分くらいがミニマムかなぁ、エアによって違うけど)


ゲート前で荷物チェック。
ここで、またしても長蛇の列。
もちろん靴も脱いでの検査よ。

ミニマムを3時間とってあったのに、ゲートに着いたらもうボーディング。

やっと飛行機に乗り込みましたわ~。

B757のエコノミー、狭っ!
3-3のシート配列で、この便は空いてたので、座席はAとC。
つまり、3席を2人で真ん中を空けてのアサイン。
まだマシかぁ。



出てきたのはソフトドリンクと豆のみ。


アメリカ国内線は(ほとんど)アルコールは有料よ

もちろん、金払っては飲みません。



さっき、台北からのフライトで着いたばっかりだから、すぐにバタンきゅぅ~。


3時間ほどのフライトで、さらに乗り継ぎのヒューストンへ到着です。

(ロスとヒューストンの時差は2時間です、ご注意を~)
関連記事
OSO001
Posted byOSO001