byOSO001

ティカルで御来光を見る!

GUATEMALA、Parque Nacional TIKAL
【 7月20日(日) 】

『LA CASA DE DON DAVID』でのサンライズツアー
ティカルの日の出ツアー内容(2人で200$)
Private Sunrise Tour to Tikal at am.
Includes:Private transport , Guide , Entrance fee.


『LA CASA DE DON DAVID』
El Remate/Flores,Petén,Guatemala
TEL:502-7928-8469/502-5306-2190
e-mail: info@lacasadedondavid.com


もう、ヨレヨレ状態でⅣ号神殿の日の出ポイントへ到着。
数人の先客がいたものの、10人もいない貸切状態で、良い場所をGET。
腰を下ろして御来光を待つ。



Ⅳ号神殿は修復中であるが、東側からの景色が臨めるので、日の出ポイントになっているらしい。
公園の一番奥(西側)に位置するので、東側の公園(ジャングル)や、ちょうど前に位置する”こうもり宮殿”なども見る事ができる。


階段をヘトヘトになって登っている間に、いつの間にかどしゃ降りだった雨も止んで、段々と東の空が明るくなってきた。


夜明け前のジャングルからは、「ウォー、ウァォウ、、、」と声が聞こえる。
”ホエザル”である。(絶滅危惧種)

目の前に広がるジャングルは、さっきまで降っていた雨が、靄となって立ち上っていくのが見える。


そして…






いつの間にか、神殿の上には人がいっぱいになっていたが、誰も動いて席を譲ろうとはしない。
当然である。

良い席をGETした者は皆、早くから”あの”どしゃ降りの悪路をせっせと歩いて、坂を登り、階段を登り、
真っ暗な道をここに辿り着いたのだから。

暫くは、誰も口を開くこともなく、”お陽さま”に向かっていた。



すっかり陽が登って、辺りが白くなってきた頃、やっと、人にも動きが出てきた。
ツアーで来ている人たちには、ガイドが英語と西語で説明を始めている。
皆、朝早くに出てきたのであろう、リュックから食べ物を出して食べてる人もいる。
我々も暫くは動けないでいたものの、朝の涼しいうちに、他のところも周ろう!、と、ようやく腰を上げた。


さっき、大急ぎで (日の出に間に合わせるため) 必死で登った階段を、今度はゆっくり降りる。
あ、そうだ、記念写真を撮っておこう!

『おっ!サンテレビ』、ティカルへ!!!

感動的な景色の後でも、ついオチを求めてしまうのは何故だろう・・・・・。
関連記事
OSO001
Posted byOSO001