byOSO001

グァテマラ、パナハッチェルへチキン・バス!その2。。。

GUATEMALA、パナハッチェルへ、REBULIバス
【 7月21日(月) 】


【REBULIバス】
21 Calle 1-34 ZONA1, Guatemala City
TEL:502-2302748
e-mail: transrebuli@ hotmail.com

【問1: グァテのバスは、満員にならないと出発しないと聞いていたのですが、
ターミナルでは我々3人だけ乗せて出発、何故?】
【問2: 明らかに2人しか座れないシートなのだが、3人席だと言い張る理由って、一体???】

答え:
バスには運ちゃんの他にもう一人乗っています。
彼の仕事は一体?
それは、客引き!

出発して5分もしないうちに、市内の別のバス停にSTOP。

バス停(らしき所)には、人がいっぱい。
バスを待つ(いろんな方面への)乗客めあての物売り、屋台もいっぱい。

客引きの兄ちゃんは、「パナパナパナパナパナパナ…(パナハッチェルの事)」の叫び声とともに、どこまで客を引きにいったのやら。

バス内には次から次へと、入れ替わり立ち代り、物売りの皆さんがやってくる。
飲み物、食べ物、新聞、雑誌、日用雑貨、時計、、、何でもアリです。

まだ兄ちゃんは帰ってこない。

数組の客が乗ってきた。
(いくら呼び込んでも、パナ行きの客は少ないのかな?)←、と油断していたら…。


ほどなく兄ちゃんが戻ってきて、出発。
しかし、またしても10分もしないうちにSTOP。


そして↑の繰り返し。


(あれ?結構お客さんいるもんだねぇ、だんだん混んできたよ…)←ちょっと妙な雰囲気を感じ始めたかも…。


シティを出るまでに何回繰り返しただろうか…。
いつのまにか居眠りしていたが、ふと気がつくと自分の隣にオッサンが座っている。

(え?そんなにスペースなかったはずだけど?????)

オッサンはこちらのわずかなスペースと、通路(通路はめちゃ狭い!)を挟んだ向こう側のわずかなスペースにまたがって座っている。


はい、、、満席になったのですね、いつの間にか。。。
すごい客引きパワーだ…。

↑途中、止まった所で、暇なので窓から撮った。(どんだけ待たして客を集めるんじゃ!)

シティから出て、やれやれ、、、と思っていたが、途中でも人を見かける度、兄ちゃんの 「パナパナパナパナパナパナ…。」 は止まる事はなかった。


【問3: 荷物を天井に乗せられるのを拒否できなくて、後悔した事って???】

答え:
はい、この時期のグァテは雨季。
しかも、町から町の移動には、必ず ”山道” を通る。

もちろん、山の天候が変わりやすいのは、どこでも同じ。

シティでは暑すぎるくらいだったのが、山道へ入り、段々と寒く、、、
そして、どしゃ降りという表現では追いつかない雨が~~~!!!



ワタシのケースはポリカーボだが、ファスナー式なので、そこから雨が~~~
(それでも、中の物を袋などに入れてたので、殆ど被害は無かったが…)
相方のは、 ”布” です!
モチロン、中は水没でした。
(もう、途中で諦めてたけどね)

こんなに雨は降るとはーーー!!!


山道の途中、あちこちで崖が崩れている所があったが、誰も気にしない様子の理由がわかったよ。
いちいち普請してらんないよね、この雨じゃ。。。
うーん、この雨は説明できないよ、ぜひ確かめに行ってみてください。


↑有無を言わせず、天井部に乗せられてしまう、哀れな荷物。。。



まぁ、なんやかんやとありましたが、パナハッチェルの1歩手前の『ソロラ』まで辿り着きましたよ。
(ソロラからは、あと少しの距離)


窓から見た、ソロラの市場。
賑やかそうでした。
(ここへ来てもなお 「パナパナパナパナパナパナ…。」 を続ける兄ちゃん、敬服!)














アティトラン湖が見えてきました(パナハッチェルはアティトラン湖畔の町)
ホントにもうちょっとです。



パナハッチェルに着いたら、まずクリーニング屋さんからだな。。。
関連記事
OSO001
Posted byOSO001