byOSO001

グァテマラ、パナハッチェルから見たアティトラン湖。

GUATEMALA、Panajachel、Lago de Atitlán
【 7月21日(月) 】

【 Lago de Atitlán 】

アティトラン湖(あてぃとらんこ Lago de Atitlán)は、中米グアテマラのソロラ県にある湖である。
中米で一番深い湖であり、世界一美しい湖の1つとされる。

アティトラン湖は8万4千年前の火山の噴火によってできたカルデラ湖であり、周囲は断崖と3つの火山に囲まれている。
また、周囲にはマヤ族の町や村もある。

湖の周りの土壌は、コーヒーやとうもろこしなどの農作物の栽培に適している。また、湖には多くの生き物が生息している。
Wikipediaより






向こう側には火山が見えます。
トリマン火山、サン・ペドロ火山、アティトラン火山などです。


湖の周りには小さな集落がたくさんあり、それぞれの村で特色のあるウィピルや陶器が見られるそうなので、
明日はその中の一つの村へ行ってみるつもりです。


朝(午前中)は、写真のように綺麗な湖が見られるのですが、昼過ぎから夕方くらいになると、どこからともなく。
モクモクと黒雲がやってきて、どしゃ降りの雨を降らせます。
道はスニーカーが水没するほどになり、道路の両側に水がたまって、道端にある店に入るのも大変な状態になります。

一通り、その日の分の雨を降らせたら、止んでくれるんですけどねー。





雨季のパナハッチェルへ行く方は、ぜひ早起きして、朝のアティトラン湖を見てください。
(夕焼けは期待できないわぁ、残念ながら…)
関連記事
OSO001
Posted byOSO001