byOSO001

グァテマラ、サン・アントニオ・パロポ。その1(陶器)

GUATEMALA、サン・アントニオ・パロポ


【 7月22日(火) 】



サン・アントニオ・パロポに到着です。


一番低い湖のある場所から、山なりに村がへっぱり付いております。


乗り合いトラックを降りた場所からちょっと坂を登ると、教会と市場がありました。
教会の前では ”ガラポン” みたいな抽選(?)をやってました。
何の抽選だったんでしょうねぇ。。。




教会の前は、下にある湖を見られるポイントです


ここの村でも民族衣装を着た人が普通に暮らしてるみたいです。

青い生地を使った衣装が多かったです。


何かあるかなぁ、と歩いてたら、ふと覗いた店で、おっちゃんが紐を編んでるところに出くわしました。

写真を撮っていいか、聞くと、快く「いいよ」と言ってくれたので、撮りました。
パナハッチェルよりは、商売っ気のない田舎で嬉しいです、



サン・アントニオ・パロポに来たのは、ここで作っているという陶器を見る(買う)ためです。
もちろん、パナハッチェルやアンティグアなどでも売ってるのですが、実際作ってる所へ行きたかったし、その方が安いに違いないし!

さっきの十字架のあるポイントから少し坂を下りた所にあったのが、ここ。

ほとんど、”小屋” と言ってもいい店に、ぎっしり陶器が詰まっていました。







この独特の紋様が、ここの陶器の特徴みたいです。


ここの店で、お皿やタイル、置物などを数点買いました。
後でパナの店で値段を見てみたら、こちらの方がかなり安かったです。
ほくほく





ホントは陶器が目当てで来た村なのですが、陶器をGETした後に、更に坂を下って湖の方へ降りていくと、またしても興味をそそる店が!!!



…つづきます。。。
関連記事
OSO001
Posted byOSO001