byOSO001

『ブルーモスク』と『アヤソフィア』

ISTANBUL散歩


泊まったホテル がブルーモスク(スルタン・アフメト・ジャミィ)の近くだったので、早速ブルーモスクへお出かけ。

オスマン帝国時代の、スルタン・アフメト1世によって造られました~。


では、中へ。。。
(イスラムの宗教施設だから、短パンにタンクトップ、なんて格好で入っちゃダメっすよ)



内部を飾る何万枚ものイズニック・タイルが、ブルーを主体としたもの、ってのもあって、
ブルーモスクの愛称で親しまれています。


中は照明が暗くて、写真もあまりちゃんと写っていないのですが、タイルやステンドグラスがきれいなので、
是非行ってみて欲しいモスクです~。
(お祈りしてる人もいるから、静かに見せていただきましょう…)



これと対照的なのが、『アヤソフィア』





こちらは、もともとギリシア正教の大聖堂としてコンスタンティヌス1世によって建造が始められたのですが、
後にコンスタンティノープルが陥落して、オスマントルコに征服されると、
スルタン・アフメト2世によって、イスラムのモスクに建て替えられた物。

なので、内部はキリスト教のモザイク画が多数ありながら、イスラムの様式を備えてる、と言う具合になってます。

内部は博物館として公開されてます~。




個人的にはブルーモスクの方が好みです。





関連記事
OSO001
Posted byOSO001