byOSO001

【チェンマイ】Wat Chediluang(ワット・ジェディールワン)続き…

Wat Chediluang(ワット・ジェディールワン)
『Wat Chediluang(ワット・ジェディールワン)』続きです~。

大きい(ルワン)、仏塔(ジェディー)、という名の通り、タイで随一の大きさを誇った仏塔。
16世紀に地震で崩壊した後もなお、当時の雄大さを伝えている。
たっぷりチェンマイ!—タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド より。
真ん中にどーん!と聳える仏塔を眺めながら、ぐるっと裏手の方へ回る。。。

あ、お坊さんがお掃除中。。。
お邪魔をしないように…と隠し撮りしたら、前方の木に焦点がっ
お堂がいくつかあります。
入口にはこんなモノが…。
『モーム』と言われる想像上の動物だそうです。
うーん、狛犬とはまた違うし、何なんでしょうね???

ちょっと遠いんですが、お堂の奥にガラスケースが置かれてるの、見えます?

ガラスケースには、高僧が『在りし日の姿のまま!』祀られております。
(防腐処理したミイラ?ってか、ホントに生前そのまんまの姿なんだけど…)
熱心にお参りしてる人もいたし、ちょっと恐れ多いので、遠くから写しました。

見たい人はチェンマイへっ!





境内には派手な色合いの仏像もあります。

<涅槃仏>

<2体並んだ仏像>
、、、と、その隣には…
 ・
 
 ・

 ・

 ・

 ・

<メタボの仏様っ!>
ちょっと…いくら何でも、、、だわよね…。

お堂の横に、大きな木が見えます。

近付いてみました。
背が高すぎて、こんなアングルになっちゃいました。。。

日本の神社仏閣にもあるけど、樹齢の高い樹などを祀ってますよね。
チェンマイでもこのような樹が多く見られました。

そして、この樹の根元には、、、
仏像が安置されてました。





同じ仏教でも、国や地域によって、随分違うもんだなー。





関連記事
OSO001
Posted byOSO001