byOSO001

【チェンマイ】『Wian Kum Kam』かつての都、ウィアン・グム・ガーム

Wiang Kum Kam
2日目。
ちょこっと郊外(と言っても、チェンマイ市街から南に5㎞ってとこでしょうか)、へ出かけます。

↓この辺です↓
Wiang Kum Kam(ウィアン・グム・ガーム)という所です。

何があるかと申しますと、13世紀頃(~18世紀頃?)の首都の残骸です。

1296年に現在のチェンマイに都を移されるまで栄えていたそうですが、ビルマとの戦争や、洪水によって地中に埋もれてしまって、1984年にその一部が発見されるまで、埋もれたままの幻の都だったのだそうな。。。

、、、という事で、行きは遺跡一帯のインフォメーションセンターのある場所まで、タクシーで行きました。
(ホテルで呼んでもらって、片道200Bでした)

帰りは、なかなかタクシーなんぞ通らない場所なので、インフォメーションセンターでトゥクトゥクを呼んでもらって、こちらも200B。


【インフォメーション・センター】

インフォメーションセンターの前はちょこっと広場になっており、売店やお土産屋さんが数軒ありました。

馬車やトラム(バス?)で、遺跡を巡る人も多いのですが、自由に動きたかったので、ここのインフォメーションセンターで、自転車を借りました。
自転車は20B/1台。

この自転車、お尻が痛いっ

座布団が欲しかったです…。

まぁ、無い物を言っても仕方ないので、これで周りました。

結論を先に言うと、自転車で周るのは、けっこう良いかも!
遺跡の点在する範囲が、自転車で周るのにちょうどいいくらいだし、自由に動ける、途中の景色も楽しめる!などの理由から。
(馬車やトラムで周ってるのを見てたら、物によってはサラッと寄るだけで、下車して見れないのもあるみたいだったので)



遺跡はこんな感じで点在しています。

さて、サドルの硬い自転車で出発!
インフォメーションセンターを出て少し走ると、最初の仏塔が見えてきました。



関連記事
OSO001
Posted byOSO001