byOSO001

【チェンマイ】『Wat Phrachao Ongdam & Wat Phayamangrai(ワット・プラジャオ・オンダム&ワット・パヤーマンラーイ)』

Wat Phrachao Ongdam & Wat Phayamangrai

ワット・プラジャオ・オンダム&ワット・パヤーマンラーイ

次に向かったのは、ここ。
『Wat Phrachao Ongdam & Wat Phayamangrai(ワット・プラジャオ・オンダム&ワット・パヤーマンラーイ)』

黒い[ダムdam]仏像[プラジャオPhrachao]がこの地で発掘されたことからこの名前が付いた。
本堂と仏塔からなり、仏塔は四角いベースで、角が段々になっているのが特徴。
15~17世紀の間に2回にわたって建てられている。
1989-1990年に修復作業が行われた。
たっぷりチェンマイ!—タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド より。

看板のある所から入ると、草むらの中の、右手に仏塔(らしき物)、左手に本堂(らしき物)があった。

【仏塔(たぶん)】
【本堂(たぶん)】
仏塔らしき物の方へ近付いてみる。

ほとんど礎石部分しか残っていない。。。

その代わり、各国の遺跡に見られるような巨石で組み上げた建造物ではなく、小さい煉瓦を重ねて積み上げていった事がわかる。
(ボロボロで漆喰もなにも無いからねー)


今度は本堂らきし方へ。。。
こっちも何も残ってません~。

でも、何故かお供え(?)のようなものが置かれてます。
誰か参る人でもいるんでしょうかね。





ここ、だーれも居なくて、ほとんど、かなり、打ち捨てられたようなムード…。
野っ原になった場所に、かつてお寺だった建物の残骸だけが草むらに埋まってる、ってな感じ。

こういうの、兵どもが夢のあと…っていうのかしら?

何も無さ過ぎて寂しいので、次へ移動します。






関連記事
OSO001
Posted byOSO001