byOSO001

【バンコク】『Wat Arun(ワット・アルン)』最後に。。。

Wat Arun(ワット・アルン)


ワット・アルンについて、詳しくはこちら↓でどうぞ。。。
Wikipediaワット・アルンラーチャワラーラーム

【ワット・アルン配置図】
クリックで拡大表示
※クリックで拡大して見れます※




ワット・アルンの外壁を飾るモザイク紋様は、陶器の欠片を集めて飾られてる事は何度も書いたのですが、中には皿や湯のみを丸ごと飾りとして用いているのもあります。


お茶碗まるごともあります~。

こっちには貝の飾り。

こちらは小皿3つで形作ってます。




これらのお皿や茶碗は中国からの影響と思われますが、ヒンドゥの影響や中国の影響がミックスされて、
不思議な雰囲気になってるのかも。


もちろん、欠片の細工だけではなく、繊細な焼き物で作られた場所もあります。

ワット・アルンを堪能して、またボートで対岸へ渡るためにボート乗り場の方へ向かいます。
後ろ髪引かれますが…。

ボート乗り場までの間にラーマ5世像がありました。

三頭のゾウを伴い、川向こうの王宮の方を見守ってるように立ってます。
南国らしい花も咲いてました。








この後は市街へ向かってランチ、買い物をしたら、もう、空港へ戻らなければなりません。






関連記事
OSO001
Posted byOSO001