byOSO001

【ハンガリー】MÁTYÁS TEMPLOM(マーチャーシュ教会)①☆

Budapest

王宮の丘エリア


MÁTYÁS TEMPLOM


【Opening hours of the church for tourists】
Weekdays 9 a.m. - 5 p.m.
Saturday 9 a.m. - 1 p.m.
Sunday 1 p.m. - 5 p.m

【Entrance fees】
<from 01-01-2009>
Adult…700 Ft
Students、pensioners、soldiers…480 Ft
Child(up to age 6)…free
Family ticket (1or2 parents+children…1200 Ft
Audio Guide rent…+400Ft
[Prices include 16,66% value added tax]

(その他、詳しくは↑のリンクのHPでご確認を)


マーチャーシュ教会はブダ王宮の丘に立つ聖母教会で、13世紀ベーラ4世によってゴシック様式で建築された。
マーチャーシュが教会を増築し、ここで2度結婚式を挙げたことから、後世マーチャーシュ教会と呼ばれるようになった。
歴代のハンガリー王がこの教会で戴冠式を執り行った。
16世紀にオスマン帝国がハンガリーを占領すると、モスクとして使用され、
17世紀にオスマン軍が撤退するとすぐにカトリック教会に戻された。
一時バロック様式に建て替えられたが、1874年から1896年にかけて建築家シュレック・フリージェッシュが改築し、
ゴシック様式を復元した。
Wikipediaより



では、中へと入ります。

【聖母マリアの門】

ここから入ります。






高い天井のゴシック様式は確かにキリスト教会なんだけど、何となく違和感があるような、無いような???
トルコ占領下にモスクとして使用されていた時の名残のような壁いっぱいの草木の紋様のせいかな???



それとも、オーストリア支配下にあった時代のモノと、ハンガリー独特の持つ民族性のようなモノが入り混じっているせいかな???

少し、不思議な感覚を覚える教会です。



【主祭壇、正面から】


主祭壇はネオ・ゴシック様式。



【後方にはパイプオルガン】

 
 
 

ん?地下へ行く階段があります。

小さな礼拝堂がありました。



おや?
西洋の教会には付き物の『アレ』が無いのでは???

あります。
次のページで載せます~。


.



関連記事
OSO001
Posted byOSO001