byOSO001

『新驛旅店 CityInn Hotel Plus』 【台中】

今回の台中のお宿に到着です。
img_0_20190320223709607.jpg img_1_201903202237101f5.jpg 

新驛旅店 CityInn Hotel Plus


台中市東區復興路4段133號
Tel: +886-4-2223 2333
Fax: +886-4-2223 7333
E-mail: Servic5@cityinn.com.tw
www.cityinn.com.tw

相方が適当に予約しておく、って取ってた宿ですので到着するまでどんな所か全然知りませんでした(笑)

駅に近くて新しそうな所を選んだのだそうで、なるほど確かに新しそうでピカピカです。
img_2_20190320223712711.jpg img_3_20190320223713c82.jpg 
フロントでは英語は通じるようですが日本語は通じませんでした。
中国語で話しかけられたりもしたので、もしかすると英語もダメなスタッフもいるのかも!?(←不明)
でも、注意書きのような物には日本語の併記もありましたので特に問題は無いと思われます。



チェックインを済ませて部屋へ。
9階の部屋がアサインされました。
エレベーターを降りた廊下の所、狭いッス。

そして廊下の壁には・・・
プププ、何これ~!



部屋はこんな感じ、ベッド2台でいっぱいいっぱいのスペースです。

フリーの水や湯沸しポット、金庫に冷蔵庫など必要なモノは揃ってます。
img_7_201903202237152eb.jpg img_8_201903202237165ea.jpg 


でも、ここの壁も笑える~!



バス・トイレはこんな感じ。









ギリギリのスペースに造ってあるので、トイレのドアとシャワーブースのドアをよくぶつけて冷や冷やしました(どっちもガラスだったので)

アメニティも一応あるよ。



でもまぁ、さすがに新しいだけあって綺麗なのは綺麗でしたよ。
窓からの景色はイマイチですが(笑)





さて、こちらほお宿、朝ご飯も付いておりました。
朝ご飯のスペースは地下1階。
こちらも地下に無理矢理造った感満々で、天井が低く怪しげな紫色のライティングがまた何とも言えぬ雰囲気~。

メニューは意外にも豊富で、トーストやお粥の他にもおかず類が数種類ありました。


ただ、宿泊者に若者が多いせいか(どうかは分かりませんが)朝からガッツリ系のメニューが多し!
ちょっと重いです…。

ジジババは軽くトーストと野菜類などをいただいておりました。





悪くはないのですが、駅の近くにあるものの、駅前の栄えた方と反対側の場所にあるのが少々不便でした。
反対側へ渡るにはちょっと遠回りをしないと行けないという感じ。
駅を横切れるかと思ったのですが地下道などがなく、車が通る反対側へ通じる道まで出ないと行けなかったので便利さを求めるなら反対側へ宿を取る方がいいでしょうね。





関連記事
OSO001
Posted byOSO001