byOSO001

【ハンガリー】聖イシュトバーン大聖堂(Szent István-bazilika)①☆

Budapest

聖イシュトバーン大聖堂(Szent István-bazilika)


聖イシュトバーン大聖堂(せい-だいせいどう、ハンガリー語: Szent István-bazilika)は、ハンガリーの首都ブダペストにあるカトリック教会のバシリカである。
聖遺物箱に収められている右手のミイラの主、ハンガリー王国の初代国王イシュトヴァーン1世にちなんで名づけられた。

ハンガリー国会議事堂と並んで、96mとブダペストで最も高い建造物である。
建物幅55m、建物長87.4m。 1851年に着工し、54年後の1905年に完成した。
この遅滞の大半は、完成したのにもかかわらず手がつけられないほどに崩壊し、一から作り直すことになった1868年のドームの倒壊が起因していると考えられている。

建築様式は新古典主義様式であり、平面図はギリシャ十字を模している。正面には2つの大きな鐘楼がある。南の鐘楼にある鐘は重量9t以上あり、ハンガリーで最も大きな鐘である。
現在の物は2代目であり、初代の物はほぼ8t近くあったが、第二次世界大戦の際つぶされて軍用に使われてしまった。

観光客は、エレベーターまたは364段ある階段でドームに昇ることができ、ブダペストの全景を360度見渡すことができる。
Wikipediaより

Plébánia Hivatal
1051 Budapest, Hercegprímás u. 7. II. em.
Telefon: 317-2859
Telefax: 338-2151
E-mail: cathedral@basilica.hu

地下鉄1号線(黄色ライン)Bajcsy-Zsilinszky út、3号線(青ライン)Arany János utca、から徒歩

ハンガリーを旅行していて何度も聞く名前、『イシュトヴァーン』。
もはや言うまでも無くハンガリーの初代国王である。

その『イシュトヴァーン』の名前を冠した大聖堂へ行きます。



見えてきました。

ここもまたでかそうなお寺ですねー




ぐるっと回って正面の方へと向かいます。



これは何でしょ?

正面入口の近くにありました。



上の方にもイシュトヴァーンさんがいます~。





こっちが正面かな。。。





階段を登って入口の方へ。

あ、ここにもイシュトヴァーンさんっ!



扉には色んな人の顔。

誰だか分かりません・・・。



天井を見上げると、、、

天井、高いっ!
しかも細工も細かいわ~。


その両側には、、、
【建設の始まった年】

、、、と、
【完成した年】

が書かれてます。





それでは入ってみましょうか。。。





関連記事
OSO001
Posted byOSO001