byOSO001

【ハンガリー】聖イシュトバーン大聖堂(Szent István-bazilika)⑤聖なる右手の礼拝堂☆

Budapest

聖イシュトバーン大聖堂(Szent István-bazilika)


Plébánia Hivatal
1051 Budapest, Hercegprímás u. 7. II. em.
Telefon: 317-2859
Telefax: 338-2151
E-mail: cathedral@basilica.hu

地下鉄1号線(黄色ライン)Bajcsy-Zsilinszky út、3号線(青ライン)Arany János utca、から徒歩

聖なる右手の礼拝堂


大聖堂の前方右側にひっそりと案内の看板がありました。

うっかりしてると見落としてしまいそうでした。



あまり入る人がいないので、入っていいのかな???と、悩みつつも扉を開けて入ってみます。
 

陶器でできた噴水?水道?

顔がちょっと怖い…。


あまりに人の気配がないのでそーっと扉を開けてみる。
扉を開けたすぐのところに、こんなのがあったので、『聖なる右手の礼拝堂』には間違いないようである。





でも、、、





なんか、礼拝(?)坊様の説教(?)をやっていて、『聖なる右手』を置いてある一番前に行ける雰囲気ではない・・・。

どうやらイタリアの団体さんのようで、後ろの方に数人、我々と同じように『右手』を見に来たが、
前に行けないで団体さんの後方に座って坊様の説教が終わるのを待ってるらしい人がいた。

仕方が無いので同じように後ろの方の席に座って待つ。
説教は当然、全然わからんし…(イタリア語やし)

ヒマなので隠し撮りなどして時間を潰す。


小さな礼拝堂だか、作りは洒落ていてキレイである。





やっと終わった~!
イタリア団体のガイドさんらしき人が団体さんを誘導するのに付いて一緒に『右手』の方へ行く。

右手はこんな箱に入っていて、手前にある賽銭箱のようなモノにコインを入れて電気を付けてもらう仕組みらしい。

(↑これはすでに電気がついてる状態ね)



そんなん全然知らんかったし、ガイドブックにも何にも書いてないし、コイン入れても最初は電気が点かなくて、イタリアガイドさんが係りの人を呼んで電気を付けてもらうまでどうしていいかサッパリ???だったわ~。

えらい長い時間、説教が終わるのを待たないといけなかったけど、結果的にはラッキーって事???



さて、イシュトヴァーンさんの右手とご対面~~~。

豪華で厳重な箱に収められています。

おぉっ!
ちょっと見えた!
(取り囲むイタリア人の団体がでかくて、なかなか前に進めないよぅ…)

見えた~。

右手のミイラらしいのですけど、分かります?





ミイラの箱の横には、さっきまで長々と坊様が説教してた祭壇。

せっかくなので、礼拝堂の中も写真撮っていこう~!
って、思った途端、ミイラ見物が終わったので、礼拝堂の電気、落とされちゃったよ!



イタリア団体さんも、その後ろにいた数人もミイラを見たらさっさと帰っちゃう。
けっこうドライね、皆さん。
(お説教はマジメに聞いてたのに~)



メゲずに礼拝堂内の写真を撮る。
だって、けっこうキレイな礼拝堂なんだもの。



【ステンドグラス】



大聖堂よりキレイかも…。





我々はたまたま他の団体が居た時に入っちゃったんだけど、通常はどうやって見せてもらうのかしらね~。
入口に書いてあったのも(1枚目の写真ね)時間とかしか書いてないし???

とりあえず行ってみて、賽銭箱みたいなところにお金を入れてみてください。
電気が点かなかったら、その奥のドアを叩いて、誰かを呼んで点けてもらえばいいみたい。。。
(ホンマかいな!?)





関連記事
OSO001
Posted byOSO001