byOSO001

【台南】台南市内、『赤嵌楼』②☆

2009、7月、台南&台北

赤崁楼


赤崁楼(せきかんろう)は別名を赤嵌楼、紅毛楼 とも称し、台湾台南市中西区に位置する、オランダ人によって築城された旧跡である。
原名は「プロヴィンティア」(Provintia、普羅民遮城)と称し、1653年にオランダ人と漢人の衝突事件である郭懐一事件」(1652年)の後に築城された。
鄭成功が台湾を占拠すると、プロヴィンティアは東都承天府と改められ、台湾全島の最高行政機関となった。現在は中華民国内政部により国家一級古蹟に指定されている。
Wikipediaより

↑に出てくる『鄭成功』という人はお母さんが日本人なのです。
(詳しくはこちら↓をどうぞ)
Wikipedia『鄭成功』



赤嵌楼、つづきです。

中に入るといきなり鄭成功さんの肖像画がデデーンと!



昔の建物の一部の展示などもあるのですが、、、


むしろ、この建物自体の方が面白いかも・・・。

うーん、出入り口が壷の形になっている!







ベランダ(?)バルコニー(?)部分へ出ます。

この支柱が陶器の壷みたいで素敵♪

ここで写真を撮っている時に、2人とも↑の写真に写ってるライトアップ用の照明に蹴躓いて、ちょっと照明器具を動かしてしまいましたが、そのまま黙ってその場を去ったことは言うまでもありません・・・。


ここは二階建てになっているので、狭い階段を登ると二階へと出ることができます。


大きく2棟があって、向こう側の棟が見えます。







階下へ降りて、もう一つの棟の方へ行ってみます。





関連記事
OSO001
Posted byOSO001