byOSO001

【台南】台南市内、『赤嵌楼』③☆

2009、7月、台南&台北

赤崁楼


赤崁楼(せきかんろう)は別名を赤嵌楼、紅毛楼 とも称し、台湾台南市中西区に位置する、オランダ人によって築城された旧跡である。
原名は「プロヴィンティア」(Provintia、普羅民遮城)と称し、1653年にオランダ人と漢人の衝突事件である郭懐一事件」(1652年)の後に築城された。
鄭成功が台湾を占拠すると、プロヴィンティアは東都承天府と改められ、台湾全島の最高行政機関となった。現在は中華民国内政部により国家一級古蹟に指定されている。
Wikipediaより

↑に出てくる『鄭成功』という人はお母さんが日本人なのです。
(詳しくはこちら↓をどうぞ)
Wikipedia『鄭成功』



赤嵌楼、更につづきです。



一旦階下に降りて隣の棟へ移動します。

あ、窓の形も可愛い♪





なんと!
隣の棟には『あの人』がっっっ!!!

世界の盗塁王!福本豊っ!

ウソです。。。


日本統治時代の台南市の市長さん(日本人)のようです。





外へ出てみました。

建物が復元されていない、礎石だけ残ってるところもありました。



この辺は入ってないので外からの写真だけ・・・。





ちょうど、陽も暮れてきた時間のライトアップがけっこうキレイでしたよ~♪







おや、こんなところに馬が。。。


そして、馬の横には『入ってくれ!』と言わんばかりの穴が・・・。


入ってみたら、、、

何もありませんでした・・・。





赤嵌楼の正面の広場になったところでは、毎晩コンサート(?)が開かれているようです。

昼間、赤嵌楼のチケットを買って、一旦外へ出ても、昼間のチケットを見せれば入れるそうですよ。





何だかんだでけっこう色々見て、すっかり陽が暮れてしまいました。



最後は、『世界街歩き』(某NHK番組)の台南編で、最後に写った景色を真似してみました。

再放送をやってたら見てみてください。
ホントにこんなんでした♪





関連記事
OSO001
Posted byOSO001