byOSO001

夏祭り。。。

せっかくなので、堺宿院の通り沿いに出た夜店の様子を。。。


住吉大社の夏祭りの神輿が堺宿院まで渡御する際に、漁師が魚を持ち寄り神前に奉納したことに由来し、およそ700年の歴史を誇る「堺の夏の風物詩」。
見所は、19:00から行われる豪快な魚セリ。
セリ人の威勢のいい掛け声と魚を買い求める人々の熱気であふれかえります。
セリに参加もでき、交渉次第で新鮮な海の幸が安く手に入ります。
他にも協賛企業のPRブースや指のサインで魚の取引を行う「古式セリ」、箸と庖丁で直に魚に触れずにさばく「庖丁式」などの催しや、約300店以上の夜店など、約20万人の来場者で盛り上がります。
堺観光ガイド



さて、夜店の風景です。

↑の『大魚夜市』関連で、昼間は他所に出していた露天が、夕方からこちらの通りに移動してくるものなので、そんなに大々的ではありませんが、私も子供の頃、ばあちゃんの家からここへ連れて来てもらいました。



チビ共は遊ぶのに夢中!

これ↓何て名前でしょう?
ボールすくい?




ヨーヨー釣り(すくい?)


最近の子供さんは、昔のゴム風船に水を入れたヨーヨーを、釣り針みたいに先の曲がった針金に紙のついたヤツで釣れないんですって。
だから、段々こんな形に変わって、今は金魚すくいのような道具で掬うのだそうです。

ここの店のおばちゃんに聞いてびっくり!



金魚すくい。


戦利品!



スマートボール。



お面。


ちなみに、男の子の方はOMOMO の子です。





御神輿が運ばれていきます。

大阪市の住吉大社へ運ばれて、それが大和川を越えてこちらの神社へとやって来るんですね。







今年の夏は、一向に梅雨の明けないような、なんだか変な夏ですが、少しは夏らしさを味わっていただけたでしょうか?

ちなみに、本日は羽曳野のPLの花火です。
今年は土曜日なので、どんだけ混雑するかを考えると恐ろしくてとても行けませんが・・・。

ま、今からでも行こうか~、って人は行ってみてください。
そのかわり、行きは行けても帰りは帰れませんので、あしからずご了承ください。
(甲子園開催のゲームの帰りの甲子園駅の数倍くらいとお考えいただければ・・・。え?そんな例えじゃわからん?)






関連記事
OSO001
Posted byOSO001