byOSO001

【台南】『世界ふれあい街歩き』のシーンにはなかった路地☆

2009、7月、台南&台北


意麺 に満足して店を後にしました。



ん?『普洱王』?

でも、店先に飾ってるのは冬瓜では?



『普洱王』の店の前にカメさんがいたので1枚パシャリ。

このカメさんの石碑って、赤崁楼 にあったのと同じだね~。

清代初期、台江が土砂で閉塞される前、赤崁楼のすぐそばまで波涛が達し、「赤崁の黄昏」は当時有名な台湾八景の一つであった。
赤崁楼の前には外地から運ばれ、清代に造られたという9基の石亀駄碑がある。
伝説によれば石亀は龍が生んだ9人の子の一人で、重責を負わされていたため、亀の形にされたという。
また、「断足の石馬」像は石馬が妖怪に化けて悪さをしに夜な街へ出てくるため、
足を切られ現在の姿になったという話が伝わっている。
台湾観光局サイトより

そういう謂われのカメさんなのね。



カメさんの場所の左手の路地にお茶屋さんがあったので行ってみます♪

狭い間口だけど奥は割と深い、京都の町屋みたいな感じ。


相方がお茶を買ってました。
ホントに好きだね~、台湾茶。

この路地の奥も探検してみたい感じだねぇ。。。





お茶屋さんから出て、民族路の方へ抜けます。





これからこの近くへ晩ご飯を食べに行くんですよ♪
(さっきの意麺は前菜よっ)
↑誤解なきよう、、、意麺は2人で『小』を1個食べただけですからっ。





【大天后宮、祀典武廟へ向かう、民族路側の門】

大天后宮、祀典武廟も面白そうなので、時間があれば見てみたいですね。






関連記事
OSO001
Posted byOSO001