byOSO001

鹿港⇒彰化、台湾でプチ鐡 『臺灣鐵路管理局 彰化機務段』 【彰化】

鹿港での『心残り』は満たされたと言うので、移動することにしました。
また機会があれば鹿港には行ってみたいです。



さて、バスにて移動。



到着しましたのは彰化です。

写真は台鐡の彰化站。



駅から線路に沿って歩いて行きます。

反対側の線路沿いは歩けなかったのでこちらから歩いて途中で地下道を反対側に渡りました。

反対側に渡った先に見えてきたのは…

何?これ?



こんな場所でした。

臺灣鐵路管理局 彰化機務段


入口のノートに名前などを書くだけで無料で入れます。



入ってすぐの建物。

覗いてみると…

列車がいました。



どうやら車庫の後ろ側のようです。
建物の窓から覗いてみると列車のお尻が見えます。

うーん、後姿ばっかりだ


見る人が見れば分かるんでしょうか?

テツの方、いかがです?




やっと広い場所に出ましたよ。

機関車だ、後ろ向きだけど(笑)



駅っぽくなった場所に停車してるヤツもありました。



やっと表側に出ました~。
さっき列車の後ろ側ばっかり見えてたのはこの扇形の車庫の裏側だったのですね。





次の記事でたっぷり列車の様子をお届けします。
(長くなりそうなので2回に分けます)

Coming soon!請うご期待!(←ウソです、サクっとご覧ください)







関連記事
OSO001
Posted byOSO001