byOSO001

食べたかった…(´;ω;`)クスン 【台中】

帰りは台鐡で帰ろう!
と、台鐡彰化站へ向かう、、、

、、、が、この混雑っぷりを見てアッサリ断念。

歩き疲れてるのもあるので軟弱者はそのまま駅を後にしてバス停へ向かう。
行きと同じ彰化客運にて台中へと戻りました。



台中のバスターミナルと台鐡の台中站は少しばかり離れております。
台鐡で帰るつもりだったのが予定が変わったのでバスターミナルから駅まで歩いて行きます。

まぁ、ぼちぼちと景色なんぞを眺めながらね。

台中や台南って何年か前の台北もこんな感じだったんじゃないかなぁ、と思わせる街並みです。



見えてきました、台鐡台中站。

この建物を正面から撮りたかったのです~♪

赤いレンガのイギリス風の駅舎は1917年に建設されたものだそうです。
約100年前だよね、素敵だわ。



さてさて、お目当ての駅舎を見たら次の予定は決めてませんでしたのでプラプラ。

どこへ行こうか~、と相談の上、訪台する前に下調べしてあった店へ行ってみることにしました。



ここ、ここ!

『台中市衛生院』と書かれてあります。

別に具合が悪くなって病院へ行ったわけではありません。
悪いのは頭だけですので~。




別の角度から。


ここも赤レンガの素敵な建物です。

実はこちらの建物、1927年に日本人が開いた眼科医院でした。
医師である宮原氏が日本へ帰国した後は国民党の管理下に置かれ『台中市衛生院』としてその建物が利用されました。

現在はその建物がスイーツのお店として利用されているというわけです。

では中に入ってみましょう。
店内はゴ~ジャス~
な雰囲気が漂ってます。

木製の書類棚が素敵すぎっ!こういうの欲しい!

店内に置かれた調度品などは本物のアンティックだそうです。



木製のアンティック風のケースの中にはスイーツが。


棚に本のように並べられた箱もお菓子。

お菓子は確か鳳梨酥などの台湾菓子が多かったと記憶してます。
パッケージもまた良いんですよ、これが。

ちなみに店内は撮影OKです。
よっ!太っ腹だね!

でもあまりの混雑に何も買えなかった、クスン…



スイーツが並ぶエリアを人を掻き分け掻き分け、奥の方~へと入って行くと隣にあるアイスクリームショップがガラス越しに窺えます。

このアイスを食べに来たハズだったんですが、見て分かります?
滅茶苦茶並んでます

建物の外側も取り囲むほどに並んでおりました。

こちら、『宮原眼科冰淇淋』(冰淇淋(ビンジリン)=アイスクリーム)として人気を博しているそうです。
台湾の素材に拘ったアイスやトッピングなのだそうです。
アイスはチョコやフルーツ、お茶などのフレーバーがあり、トッピングにも鳳梨酥や瓜子など、台湾素材の物が色々とあるらしいのですが…

…恐ろしいくらいの行列におあずけを喰らったワンコのようにガラス越しに見るだけ…


週末なので余計に混雑していたのかもしれないです。



在台の皆様、平日昼間などの空いてそうな時間に行って食べてみてのレポ宜しくッス♪





仕方ないのでここを後にして別の所へと行くことにしたのですが、未練たらしく他の人が食べてるのをこっそり撮影してしまいました(笑)

鳳梨酥やチーズケーキがトッピングされてます、美味そうです、食べたいです、え~ん




日出‧宮原眼科


台中市中区中山路20號
TEL;04-22271927
OPEN;10:00-22:00
http://dawncake.com.tw/






関連記事
OSO001
Posted byOSO001