byOSO001

秋の夜長に流星群…じゃなくて、星座観察!?



昨夜は0時近くまで東の空にガスっぽい曇りがあって、前日より見辛かったですが、0時を過ぎたあたりから空もクリアになり始めたので、またまた空を眺めて夜更かししてしまいました。

流星は幾つか見えましたが、カメラには収められませんでした、、、残念。

オリオンの3つ星辺りに流れたのはハッキリしてて、キレイでした☆☆☆





で、、、せっかく普段そんなにマジメに見ない夜空を見上げているのだから、何が何だか分からないままでは勿体無いので、少しだけ調べてみました。

まず、目視できるのはこんな感じ。
青いラインはオリオン座、緑のラインはおうし座、ピンクで囲ってるのは星雲、星団です。

(シロウトなので、多少間違ってても突っ込んではいけません^^;)



オリオンのウエスト下あたりには多くの星団、星雲があるようです。
確かに、肉眼では見えないですが、カメラの眼ではけっこうたくさんの☆が写っています。

オリオン大星雲(M42)や馬頭星雲、などたくさんあるようです。
3つ星の少し上あたりには、ウルトラマンのふるさとM78星雲もあるのだそうです。
(写真ではウルトラの星は確認できませんでした。。。)





次に目視しやすいのは冬の大三角形でしょうか。。。
【冬の大三角形】Wikipediaより

冬の大三角(ふゆのだいさんかく)とは、冬季に南東の空を見上げる事で確認ができる星座のうち、こいぬ座のプロキオン・おおいぬ座のシリウス・オリオン座のベテルギウスの3星から構成される三角形のこと。
形は正三角形に近く、三角形の中を淡い天の川が縦断している。
なお、明るさに分けると、プロキオンが0.4等星で、ベテルギウスが1等星、シリウスが-1.5等星となっている。

おおいぬ座のシリウスはひときわ明るい青白い光の星なので分かり易いです☆
【シリウス】

【ベテルギウス】





更に、おうし座の背中あたりにあるプレアデス星団。
和名では『すばる(昴)』と呼ばれています。

【プレアデス星団】Wikipedia

肉眼では、ぼや~んとして星なんだか良く分からないのですが、ちょっとズームにしたらちゃんと星がありました。
(ってか、ズームにするまで全然気付かなかった…)

うーん、『すばる』が見えるとは思わなかったわ~。

アップ!




更にアップ!



青や白やピンク、色々あってキレイです☆
もしかしたら双眼鏡とかで見えるのかも!?
(望遠鏡は高いからねぇ。。。)





意外に聞いたことあるような星が見えてビックリしております!
(って言うか、知らなかっただけってか!?)





最後に、テキトーに撮っていて、キレイだなぁ、と思ったモノを。。。

中心から少し右上のところに2つずつの星で三角形になってるのがあります。



少しアップ。。。

違う角度から。。。



もうちょっとアップ。。。





今日は昼から空に雲が掛かってたので見えないかもな~☆
流星は目では見れたけど、写真には撮れず…。
その代わりに普段見ない空をじっくり観察することが出来ました。

今度、どこかで、曇りの無いキレイな空で☆を見てみたいですね~。






なお、シロウト調べですので、間違いや変な箇所があってもツッコミ入れないで温かく見守ってやってください。。。
一応、写真は全てコンデジで自分で撮ったものです。。。



【訂正】
馬頭星雲ではなくオリオン大星雲(M42)でした。




関連記事
OSO001
Posted byOSO001