byOSO001

【台北】『袖珍博物館 Miniatures Museum of Taiwan』

袖珍博物館 Miniatures Museum of Taiwan

袖珍博物館


台北市建國北路一段96號B1
(02)2515-0583

OPEN:10:00-18:00
(チケット購入は17時まで)
成人:180元
子供:100元
(その他、優待料金、団体料金などがあります)

定休日:月曜日
(月曜が休日の場合は、翌日休館)
旧暦の大晦日と小年夜
(旧暦の12/29、12/30)

館内写真撮影可
(フラッシュは禁止)



HIROEサマの記事 を見てから行ってみたかった博物館です♪
(HIROEサマ、感謝です♪)


普通の商業ビルのようなビルの地下にあります。
降りて行くとすぐに入口。





【チケットと日本語のパンフ】

受付(チケット売場)の横に、受付のミニチュア。

入る前から魅せてくれますね~。


館内にはかなりの数のミニチュア・コレクション。
人形、ドールハウス、ルームハウス、企画展などがあります。

入ってすぐは人形がたくさん展示されたエリアでした。



シュタイフのクマさんもいました~!
欲しいっ!



次にルームハウスとドールハウス。
『ドールハウス』は家まるごとのミニチュア、『ルームハウス』はそれぞれの部屋を細部まで作ったものです。

こちら↓は子供部屋のようですが、、、

部屋の隅にあるオモチャの汽車は動いていました。
(写真では分からないけど・・・)



ケーキ屋さん。

ケースの中のケーキもちゃんと細かく作られてます♪



街の様子を再現したもの。



バッキンガム宮殿の晩餐のテーブルは、、、

アップにすると本物のテーブルみたいです。



30年代の日本の風景には、、、

どこかで見たような駄菓子が並んでいます。

『都こんぶ』が『村こんぶ』になってるし。。。



企画展のエリアではちょうど日本のオモチャ(お菓子などのオマケに付いてるオモチャなど)が展示されてました。

こんな↓ポッキーとかあったの?
知らないんですけど???



こんな感じですが、かなり多くの展示がされてました。
ホントに細かくて、ルームハウスなんて見てると、「こんな部屋に住みたい~!」なんて気持ちになりましたわ♪

出口のところにはお土産と一緒に自分で作る用のキットや部品なども売ってました。
(ワタシは作らない、見るだけ~)





アジアでは唯一(ホンマ?)のミニチュア博物館だそうですよ。
興味のある方は台北に行かれた際に寄ってみてください~!





関連記事
OSO001
Posted byOSO001