byOSO001

【スリランカ】Golden Temple & Dambulla Cave Temple⑤[第一窟]  <ダンブッラ>

Sri Lanka

石窟寺院 Dambulla Cave Temple

1991年、文化遺産として登録された世界遺産です。

紀元前3世紀頃から僧院としてはすでに機能していました。
紀元前1世紀、タミル人によって都(アヌラーダプラ)を追われた王(シンハラ朝・第19代王、ワッタガーマニー・アバヤ)が、ここの僧に助けられ、ここの洞窟に移り住むことになります。
15年後、王はアヌラーダプラを奪還し帰還し、僧に感謝の意を表し、ここに寺院を開設したのだそうです。

その後も増築がされ、現在ある5つの石窟のある寺院になり、その規模はスリランカ最大の石窟寺院となりました。

石窟のうちの3つは金箔で覆われた73体の仏像が置かれていたため、『黄金寺院』と呼ばれています。



第一窟【Dava Raja Vihara】

(別名、Temple of the King of Gos)


中に入ると全長約14mの涅槃仏。
大きくてフレームに収まりません。
(中が狭くて全身を入れるほど離れられない・・・)
 
ちょっと色褪せてますが、元々は全身に金箔が施されていたんだそうです。

頭の方にはヴィシュヌ像が祀られているらしいのですが、箱(?)祠(?)みたいなのがあって中が分かりません。
でも、ヴィシュヌ神ってヒンドゥーの神様じゃなかったっけ!?


【頭の辺りの天井の壁画】

【足元の方の壁画】
けっこう傷んでますけど、何度も修復されてるので紀元前1世紀のものそのままというわけではありません。


足の裏です。
赤く塗るのはスリランカの特徴なんだって。
何ででしょうね。。。?
スリランカの大地が赤土だから?(まさか!?)


横たわる仏陀の像はたくさんありますが、入滅前入滅後で違うというのです。
入滅前は足の爪先が揃っており(寝仏)、入滅後は揃ってない(涅槃仏)のだそうです。

この仏陀の足は爪先が揃ってないので『涅槃仏』、つまり入滅した後(死後)のお姿というワケなのですね。

で、その足元にある立像は、仏陀の弟子の1人、アーナンダだそうです。
仏陀が入滅した時にめちゃめちゃ悲しんで慟哭したので、他の弟子に窘められた人だそうな。。。。。
(すみません、記憶違いだったらごめんなさい~!)



第一窟を出て、さて、第二窟へ、、、と、隣にあった入口へ。

入ったら、、、、、
第二窟じゃありませんでした。
なんか、お供えの台(?)だけが置いてある小さい部屋でしたわ。







ちょっと間違えてしまいましたが、第二窟へと参ります。





関連記事
OSO001
Posted byOSO001