byOSO001

【スリランカ】 <シーギリヤ>その⑥-1、5世紀の美女に会う。。。

Sri Lanka

Frescoes-The Sigiriya Maidens


1875年、この岩山を見にやって来たイギリス人の役人がミラーウォールの上の窪みに描かれた「シーギリヤ・レディ」と呼ばれる壁画を偶然発見!
岩の窪みに夕陽の光が差し込んだ瞬間、奇跡的に壁画が姿を現したといわれています。

この壁画は世界に一大センセーションを巻き起こし、シーギリヤ・ロックは注目を集めることになります。


7世紀から11世紀までにここを訪れた人がミラーウォール(ここのフレスコ画の横にある壁)に残したポエムによると、かつては500人もの美女達が描かれていたそうです。
現在残っているのは18人。
400人以上の美女は、風雨に晒されて侵食してしまったり、1967年のバンダル人の攻撃で剥がされてしまったりで失われてしまったのだそうな。。。

美女たちはカッサパ王の時代、つまり5世紀に描かれたものであるが、その鮮やかな色彩は失われていません。
活き活きとした表情に、何を表したのもかが分かっていないせいもあって、何か不思議な魅力を醸し出しています。


壁画は岩肌をもみがらやカーボナイトなどの繊維を混ぜた粘土の一種の土で塗り固め、その上を石灰と砂を混ぜた土を塗り、更にその上を蜂蜜を混ぜた石灰で滑らかになるように塗り上げられている。
滑らかに仕上げられた壁に、自然の染料(植物の葉、花など、、、)で美女達の姿が描き上げられています。

「シーギリヤ・レディ」の正体は天女、王妃、娘などの説があるが、黄金色の肌の女性は「雷」、青い肌の女性は「雨」というのが有力視されています。

螺旋階段を登りつめたところは、こんな風に網が張ってあります。
網の下の方~~~に階段などが見えてます。
かなり高いです。


各国語でカメラのフラッシュを使用しないで!っていう注意書き。
はい、承知しました。。。


登ってきた岩の一部がこんな風にえぐられたような形になってます。
そして、その壁面にシーギリヤ・レディたち!


では。美女たちを紹介。
入口に近い方から。
入口のすぐ横、ちょっと奥まった場所で、肩の辺りが剥がれてるのが勿体無い。。。


美しい装飾品を身に付けてますね。

一説によると、服を着てないのが上流の婦人、、、

服を着てるのが侍女だとも言われています。


雲の上に上半身が描かれているので、天女だという説も。



花などを持ってるモチーフが多いです。


こちらの↓花を見ているレディは、ちょっと憂いを帯びたような表情。


つづきます。。。




関連記事
OSO001
Posted byOSO001