byOSO001

【スリランカ】<ポロンナルワ>⑩ランコトゥ・ヴィハーラ Rankot Vihara

Sri Lanka

ポロンナルワ Polonnaruwa

【MAP】(クリックで拡大してご覧ください)
クリックで拡大



クワドラングルから出て、北へ向かって行くと、幾つか仏塔や小さい寺跡もあるのですが、先を急ぐので飛ばして、次に見たのは『ランコトゥ・ヴィハーラ』
ここも飛ばしちゃおうかな、って思ったんだけど、サマーさんが『一番大きいダーガバ』って言うので、ちょこっとだけ見ていくことにしました。

ダーガバの手前にも何か建物跡がありました。

近付くと、ほんと!けっこうでかいかもっ!?



ランコトゥ・ヴィハーラ Rankot Vihara

ランコトゥ・ヴィハーラは、アヌラーダプラのルワンウェリ・サーヤをモデルに造られたといわれる巨大ダーガバ(仏塔)です。
高さ55m、ポロンナルワでは最大、スリランカでも4番目に大きいダーガバです。

写真、真ん中あたりに青い服の人がいます。
これで大きさが分かるかなぁ。



↑の写真の青い服の人、なかなかどいてくれないので、先に上の方を撮影。


ランコトゥ(Rankot)は金の尖塔という意味で、かつては塔の天辺の尖った部分が金で覆われていたそうです。



やっとどいてくれたので、階段の上に上がってみました。

ランコトゥ・ヴィハーラはAlahana Pirivena修道院の複合体の中心として、ニッサンカ・マーラ王によって建てられました。
修道院コンプレックスは王の火葬場でもあったそうです。
このダーガバを造った時、王が労働者の監視までしたという事が碑文に書かれているそうです。

それだけ重要に考えられてたんでしょうかね。





ヤバイっ!
ホントに日が暮れてきた。。。

次のとこ行かなきゃ後悔するわ~!





関連記事
OSO001
Posted byOSO001