byOSO001

【スリランカ】Queen's Hotel Kandy Room編<キャンディ>

Sri Lanka

Queen's Hotel


Address : Dalada Veediya,Kandy,Sri Lanka.
E mail : queenshotel@sltnet.lk
Web : www.queenshotel.lk
Tel : +94 81 2233026
+94 81 2222813
+94 81 5627620-4
Fax : +94 81 2232079

では、部屋にご案内。

あ、と、その前に、前記事でエレベーターの事を書きましたが、Kassyさんのご指摘もあったので一応(念のため?)。。。
2階を押したら3階に行っちゃった、、、と書きましたが、
日本式の2階(欧式の表示の『』)に行こうと『』を押したら、日本式の3階(欧式の表示の『』)に行っちゃった、って話で、ワタシのボケが進行してるワケではありませんので。。。
まだ大丈夫です。(←怪しい?)


それはさておき、部屋です。
カード式のキーが多い昨今において、こんな大きな金属製のホルダーが付いた鍵。
何となく嬉しい♪
ちなみにオートロックも(モチロン)ありませんので、出掛ける際には施錠をお忘れなく!


【部屋】
想像してたよりはスペースがあります。
もっと狭いのを考えてたんですけどね。


調度品も古いものがそのまま使われてる感じですよ♪

古いので引き出しとか開きにくかったですけど。


大きな窓があります。
小さなバルコニーがついてます。
こういうのって好きですね~。
窓が小さかったり開かなかったりすると(高層だと仕方ないけど)ちょっと寂しくなりますので。

【バルコニーからの景色】
目の前はD.S. Senanayake Vidiya(通り)


右側に見えてるのはキャンディ湖です。

【設備】
一応差込口には日本の『||』型が使えるプラグが。
でも、スイッチをONにしたまま充電器を突っ込んだらパチっと(ちょっとだけね)火花が出たのでビックリ!
ちゃんとスイッチをOFFにしてから使いましょう。。。


タンスも古いので扉が傾いてたりしますが、まぁ、気にしないでおきましょう。
ザラ紙を敷いてるところがお茶目?

更に、昔懐かしの樟脳の香りが・・・。
若い人、樟脳って知ってる?

バス・トイレ


シャワーは一応ブース型になってます。
(カーテン型って苦手・・・)

何故か床から一段高くなってます。


アメニティは石鹸とシャワーキャップだけなので、ちゃんと持って行きましょう~。



最初、バスマットが無くて持ってきてもらって、次の日はバスマットはあったけどタオルが足りない。
そのまた次はタオルは揃ってるけどまたしてもバスマットが無い、、、などのことはありましたが、どうも悪気が無さそうなので怒る気にもなりません。
スリランカだしねぇ。。。


設備の点での古さは否めませんが、個人的には気に入っております。
キレイで豪華なホテルも良いけど、そこでしか味わえないホテルも好きです♪
シーツだけで寝るのが頼りない感じだったので、タンスに入ってた毛布を使ってたんですけど、その毛布も毛玉が・・・。
でも、気にしない~!

水周りなどがキチンとしてないと、とか、オートロックやアメニティなどが完備してないと!って人は、街なかから少し離れた所に新しいホテルもありますので、そちらを利用された方が無難かも。。。

ちなみに料金は(時期やカテゴリーによる違いは別として)1泊(1Room、エアコン付きの部屋)5000円程度ですので、安いですよ。




関連記事
OSO001
Posted byOSO001