byOSO001

景福宮 <その2>興礼門~勤政殿。。。

景福宮、続きです。



同じような景色が続いて位置関係が分かりづらいので地図を載せておきます。
【MAP】




最初の光化門から真っ直ぐ北へ。

興礼門があります。



入口のところの石段、こういうのって中国の様式と同じですね~。

真ん中の模様と両側の動物はちょっと違う感じだから、こういうのは朝鮮王朝の独特の物なのかな?
模様は両班の人が着てる服の胸の模様にこんな感じのが良くありますよね(確か…)

門をくぐって、ちょっと横を見ると階段があったわ。
登れるんだねぇ(いや、観光客は登れないけど)





では更に先へ。。。
興礼門から勤政門へ続く道。

写真手前の所には小さな川が流れていて橋になっています。
橋は永済橋と言い、守り神のサネがいます。

うーむ、虎っぽいけど下半身は魚っぽい!?
マーライオンの親戚だろうか???
それとも、虎と鯉のBクラスコンビっ!?





更に勤政門

アハハ、また同じ階段。
写真を順番通りに見ないとバラバラにしちゃったら後で自分でもどれがどこの写真だか分かんなくなっちゃいそうです。

門から北側を見ると遠くに山が見えます。
北岳山かな?

白岳山とも言われるこの山は景福宮の鎮山だそうです。





勤政門からその先にある勤政殿までの広場。
石畳の真ん中は王様の歩く道だそうですので、勿論真ん中を歩いてきました(笑)

勤政殿は景福宮の中心的な建物(正殿)で、王様の即位式などが執り行われる場所です。
その前の広場では月に4回の朝会、海外からの使節が訪れた時の接見などの行事が行われていたそうです。

朝会は末端の官職まで参加するもので、階級を示す品階石の場所にそれぞれ並んだのだそうな。





ではその先の勤政殿へと行ってみます。





景福宮


ソウル特別市 鍾路区 世宗路 1-56
서울특별시 종로구 세종로 1-56
営業時間;2月~5月、9月~10月8:30~18:00 、6~8月8:30~18:30、11月~1月8:30~17:30 ※入場は閉館1時間前まで
休業日;火曜日※旧正月・秋夕(チュソク)時期を除く
www.royalpalace.go.kr






関連記事
OSO001
Posted byOSO001