byOSO001

星の家(星の館)Kamienica Pod Gwiazdą <Toruń(トルン)>【ポーランド】

Rzeczpospolita Polska


旧市街広場近く、ふと見ると他の建物と比べて明らかに派手な外観の建物が。。。



しかも天辺には☆が飾られてます。

雨どいのところにも☆



なるほど!
これが『星の家』ですね。

15世紀頃の商人の家だそうです。
星の下の家』、『星の館』などという言い方もされてます。
現在は『東洋博物館』として利用されています。
星の下の家(星の家、星の館)Kamienica Pod Gwiazdą<東洋博物館、oddział Muzeum Okręgowego>

Address:Toruń, ul. Rynek Staromiejski 35
Opening hours:
High season (May - September): Tue - Sun: 11am - 6pm | Mon: closed
Low season (October - April): Tue - Sun: 10am - 4pm | Mon: closed

では入ってみましょう。

入場料@7PLN
カメラ@6PLN


ドアを開けたすぐのところにチケットのブース、そのフロアはこんな感じ。


実はここの建物、『東洋博物館』ということになっていますが、展示物よりむしろ建物そのものの方が見ごたえがあると思いました。
ワタシが美術品などに造詣が深くないからなのかもしれないですけど。。。なので、展示物ではなく、建物を紹介いたします。(←完全に好み?)
展示物については↓をご覧いただければ、と思います。

【ポーランド、トルン】星の下の家(星の家、星の館)『東洋博物館、展示物』


まず、最初に目に付いたのは上へと登る階段。







 


階段下の手すりの飾りも見事!

すべて木造です。

ヨーロッパって石の建築物のイメージですが、実はけっこう木造もあったりします。
その中でもポーランドは特に木造建築物が多いかも。

ポーランド南部にも世界遺産にも指定されてる『木造聖堂群』などがあるし、一般の家屋でも木造のものがけっこうあったりします。
日本で見られる材木を組んで家を建てる風景と似た新築住宅を建てる景色が見られたりもします。

登った木造階段の反対側には鉄製の螺旋階段もありましたけどね。。。

階段を上がったところにあったのはリビング。
スッキリとした感じの部屋です。
以前の住人の居間だったんでしょうか。


別の部屋、こちらも床や壁も木造で柔らかな感じ。

窓からのぞく景色も素敵です。
窓ガラスで良く見たのは、ツルンとした透明のガラス窓ではなく、表面に凸凹があって、ガラスを通して丸見えにはならないけど輪郭くらいは分かる、といった感じのものです。



天井もなかなかステキです。


植物をモチーフにしたような模様が多かったです。


『星の家』へ行かれたら、展示物もいいけど、家そのものも見てみてください♪




関連記事
OSO001
Posted byOSO001