byOSO001

グダンスク観光④Ratusz Głównego Miasta(市庁舎)&Fontanna Neptuna(ネプチューンの噴水) <Gdańsk>【ポーランド】

Rzeczpospolita Polska
黄金の門からドゥーギ広場の方へと入って行きます。

道の両側にも素敵な建物がズラリなのですが、それはまた後ほど。。。

振り返ったらこんな感じ。
白いのが黄金の門、その上に飛び出てるのが囚人の塔ですね。


さて、広場まで来ますと一番目立つのはやはりこれ↓でしょうね。

Ratusz Głównego Miasta(市庁舎)


13世紀に建設され、度々の改築を繰り返し、現在の高い塔が完成したのは16世紀頃だそうです。

塔の天辺に所を最大限UPにしてみました。

17世紀の14個のカリヨンが復元されてるんですけど、見えます?


こちらは下の入口部分。

なかなか荘厳な造りです。
この市庁舎、オランダのマニエリスム様式で建てられたのですが、1556年に火災によって崩壊、その後、復元され、内装はルネサンス様式になりました。


入口の階段の所から。
向こうに見えてるのはドゥーギ広場。

と、ネプチューンの噴水。


中にはグダンスク歴史博物館があります。

という事で中に入ってみます。


と、、、、、



何ですか?
今は特別展(企画展示か何か…)で、それ以外の(通常の)展示(内装とか)は見られないとか!?
いや、ワタシの英語は怪しいのでハッキリとは分かりませんけど、そんなような事を言ってました。

残念ですが、案内所(受付?)のあった場所だけちょこっと撮影してきました。


入れないのなら仕方ないので、さっきちょっと見た噴水の方へ~。

Fontanna Neptuna(ネプチューンの噴水)


ネプチューンさん、なかなかの人気者で、人がいなくなるまで(写真待ち)ちょっとばかり待ちましたけど。。。



関連記事
OSO001
Posted byOSO001