OSO♪’s TRAVELOG first

Category'11 4月 台湾(台北) 1/3

初めてのルートで初めての・・・。

2011年4月2日~5日、台湾さて、やって来ましたのはいつもの関空。しかし、向かうのはいつもの4階の国際線ではなく、2階の国内線。なぜなら、、、今回は初めて試すルートでの訪台だからなのです~。まずはチェックイン。これも(ワタシは)初めてのキャリア、スターフライヤーです。(相方は出張などで乗ったことあるけど)運航はスターフライヤーだけどANAのコードシェア便ね。予約はANAから入れました。NH3820(MQ0020) KIX-HND(08...

  • Comment -
  • Trackback -

NH3820(MQ0020)、関空から羽田への空。。。

2011年4月2日~5日、台湾NH3820(MQ0020) KIX-HND(08:00⇒09:10) ご飯を食べて外を見ると、もう愛知辺りを飛んでましたよ。 セントレアを撮ろうとして慌ててカメラを構えるも、、、 失敗画面下の方にちょっぴり写ってます。   この日は全体的に(天気は良いものの)白っぽく煙っていたので富士山が見れるかな、、、と思っていたら向こうの方に見えてきましたよ小っちゃくて見えない? もうちょっ...

  • Comment -
  • Trackback -

羽田、ターミナル移動~!

2011年4月2日~5日、台湾NH3820(MQ0020) KIX-HND(08:00⇒09:10)NH1185 HND-TSA(10:20⇒15:45)羽田に到着。沖止めなのね。バスで移動です。でも、実は沖止めもそんなに嫌いじゃなかったりして。ターミナルからじゃ見られない景色も見られるしね。 バスの中から撮ったのでガラスの色で青いわ・・・。   更に国内線ターミナルから国際線のターミナルへの移動。無料のシャトルバスが走ってます。(ってか有料だった...

  • Comment -
  • Trackback -

NH1185、羽田~松山、初めて路線!

2011年4月2日~5日、台湾NH1185 HND-TSA(10:20⇒15:45) 羽田から台湾・松山空港への路線。いいですね、、、関空にも松山線飛ばして欲しいです。。。 機材はB767-300ER ほぼ定刻にボーディング&出発。    機内はこんな感じ。2-3-2のアブレスト7です。 小ちゃいけどモニターも付いてます。     さて、窓側を取ったのはいいけど、、、  うーん、、、...

  • Comment -
  • Trackback -

台北、松山機場。。。

2011年4月2日~5日、台湾松山空港に到着。愛媛の松山ではなく、台北市北部にある松山(sonshan)です。って、言わんでも分かってるっちゅうねん。到着して出たすぐのところ。両替所もあります。両替は外に出る前の手荷物受け取りのところにも2軒ありました。こちらの空港も横長~~~になっていて、、、出発のカウンターも同じ1階にあります。フロアの一番端っこにはコンビニがありました。国内線のある方の一番端っこね、ファミマ...

  • Comment -
  • Trackback -

台湾ミスドでウサギを食べたよ♪

2011年4月2日~5日、台湾さて、ここからは順不同で台湾記事UPしてまいります。(気分次第とも言う?)   まずはこちらミスドです! にゃんこせんせいの所で見て食べたい!と思ってたヤツに出会いましたので即買い!ってことで。。。 ウサギ年のウサギさんのドーナツです   ついでにこちらも購入。ポンデリング2種類。     まずはウサギさんの方から。胴体をバ...

  • Comment -
  • Trackback -

淡水紅毛城、その①

2011年4月2日~5日、台湾松山機場からタクシーでサクっと台北車站前のいつもの宿に到着。落ち着いたところでlemonadeさんに連絡して待ち合わせ、車で迎えに来てくれました。いつも車を出していただきありがとうございます~で、向かった先は淡水!淡水は2008年に行ったっきり、しかも夜にちょこっとだけ。夕陽で有名なポイントなのに、陽が暮れてから行ってどうするねん!って事で今回リベンジです。それにしても道路はすんごい渋...

  • Comment -
  • Trackback -

淡水紅毛城、その②『安東尼堡-Fort Antonio』

2011年4月2日~5日、台湾淡水紅毛城紅毛城(こうもうじょう)は古くはセント・ドミニカ城(聖多明哥城)、アントニー要塞(安東尼堡)と称され台湾台北県淡水鎮に残る古跡。1628年、当時台湾北部を拠点としていたスペイン人により建設され、スペイン勢力撤退後はオランダ人により1644年に再建された。1867年以降はイギリス政府に租借され、当時のイギリス領事館が業務を開始し、それは1980年に中華民国政府に所有権が移管されるま...

  • Comment -
  • Trackback -

淡水紅毛城、その③『旧英国領事官邸』と『理学堂大書院』

2011年4月2日~5日、台湾淡水紅毛城淡水紅毛城①淡水紅毛城②『安東尼堡-Fort Antonio』安東尼堡(Fort Antonio)を出て、大砲の並ぶ中庭を通って隣に建つ建物の方へ。17世紀前半に建設された安東尼堡(Fort Antonio)に対して、19世紀中頃に置かれたこの建物(旧イギリス領事官邸)は少し感じが違います。1629年、スペイン人が淡水河口の丘の上にサントドミンゴ城を建設。スペイン人が撤退後、オランダ人が、城砦をさらに強固なものとし...

  • Comment -
  • Trackback -

漁人碼頭(Fisherman's Wharf)、その①

2011年4月2日~5日、台湾漁人碼頭 Fisherman’s Wharf紅毛城を出て次の場所へ。漁人碼頭(Fisherman's Wharf)へ行くのですが、その前にちょっとだけ中正路を越えて海沿いの道へ行ってみます。この辺り、おデートスポットのようですね少しだけ歩いて車で漁人碼頭(Fisherman's Wharf)へ!駐車場は車満杯!連休だし天気もいいしね~、仕方ないか。。。段々と陽が傾いてきてます。夕陽を見るには絶好の時間帯かも向こうに見えてる橋...

  • Comment -
  • Trackback -